|||||||||||||||||||||

なんぶ電子

- 更新: 

Debian10(buster)から11(bullseye)へアップグレード

Debian

Debian10でapt updateを実行したら、次のようなメッセージが表示されました。

E: Repository 'http://deb.debian.org/debian buster InRelease' changed its 'Suite' value from 'stable' to 'oldstable'

調べたら2021年8月14日にDebian11(bullseye)がリリースされたそうです。

そこで、以前Debianをstrechにからbusterアップグレードした記事を書きましたが、今回はbusterからbulleseyeにアップグレードしてみます。アップデートの際に利用する推奨コマンドやsources.listの書式が若干変わっているようです。

合わせて適切なアーカイブを探してくれるパッケージのnetselect-aptについてや、sources.listに関しても触れています。

アップグレードの手順

手順は公式の「Debian 10 (buster) からのアップグレード」のページにしたがって行えば、トラブルが一番少なく済むと思います。

その中から要点をピックアップします。

  • busterの最新状態からアップグレードする

    現行のバージョンが、busterでない場合はbulleseyeへのアップグレードはサポートされません。strechのだった場合は、一旦busterにアップグレードしたのちにbulleseyeにアップグレードする必要があります。

    またbusterの場合でも最新の状態から実行しないといけません。

  • Debian由来ではないパッケージの確認

    Debianの管理外だったり、管理から外れたアプリはアップグレードに対応する保証がないため一旦削除して、必要なら新しい環境で再度インストールします。

    その際に、便利なアプリが「apt-forktracer」です。これは完璧ではないですが、Debian由来ではないパッケージを探してくれるものです。次のように出力されます。

    $ apt-forktracer
    libdns-export162 (1:9.10.3.dfsg.P4-12.3+deb9u5)
    php7.0-cli (7.0.33-0+deb9u7)
    libmpfr4 (3.1.5-1)
    php7.0-gd (7.0.33-0+deb9u7)
  • /etc/apt/soruces.listの更新

    今回から、セキュリティアーカイブを参照する行で、以前「buster/updates(バージョン/updates)」にあたる記述が「 bullseye-security(バージョン-security) 」という記述に変更されました。

    deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ bullseye main
    deb http://ftp.jp.debian.org/debian bullseye-updates main

    sources.listを更新したら、upt updateを実行します。

  • --without-new-pkgs

    今回から公式ページに含まれている内容で、まずは最小のパッケージでアップグレードした後で、フルパッケージでアップグレードする方法を勧めています。

    残しておきたいパッケージが競合の問題で大量に削除されるのを防ぐためだそうです。

    最初は--without-new-pkgsをつけて実行した後、full-upgradeを実行します。

    # apt upgrade --without-new-pkgs
    ...
    # apt full-upgrade

    以前のように、apt dist-upgradeでもアップグレードは可能です。

    ちなみにdist-upgradeはapt-get側、full-upgradeはapt側のマニュアルにのみ記載されていますが、apt、apt-getのどちらでもdist-upgrade、full-upgradeが使えます。

    apt-get dist-upgradeの挙動の説明は次のようになっています。

    dist-upgrade は、upgrade の機能に加え、新バージョンのパッケージに対 する依存関係の変更を知的に操作します。apt-get は「洗練された」競合 解決システムを持ち、必要とあらば比較的重要でないパッケージを犠牲に して、最重要パッケージの更新を試みます。そのため dist-upgrade は、いくつかのパッケージを削除する可能性がありま す。/etc/apt/sources.list ファイルには、必要なパッケージファイルを 検索する場所のリストが含まれています。特定のパッケージ向けに、一般 的な設定を上書きする機構については、apt_preferences(5) をご覧くださ い。

    apt のfull-upgradeは次のような説明になっています。こちらはapt-get側にはありませんが、apt-getで指定してもエラーになりません。

    full-upgrade はアップグレードの機能を実行しますが、システム全体を アップグレードするために必要とされる場合には、現在インストール済み のパッケージを削除することができます。

    ちなみにaptのupgradeの説明は次のようになっています。

    upgrade は、現在システムにインストールされている全パッケージの最新 バージョンを、/etc/apt/sources.list に列挙した取得元からインストー ルするのに使用します。現在インストール中のパッケージに新しいバー ジョンがあれば更新しますが、いかなる時も現在インストール中のパッ ケージの削除は行いませんし、インストールしていないパッケー所の取 得・インストールは行いません。対象のパッケージが、他のパッケージの インストール状態を変更せずに更新できない場合は、現在のバージョンの ままとなります。最初に update を実行しておき、apt-get にパッケージ の新しいバージョンがあることを知らせる必要があります。

    dist-upgradeもfull-upgradeどちらも競合が発生する等必要な場合にパッケージを削除するというものです。筆者は、推奨されるコマンドが変わったというとらえかたをしました。

strechからbusterにアップグレードした際はJava8が11に変更されるというトラブルがありましたが、今回はphp7.3が削除されたのに7.4が入っていなかったり、firmware-realtekが消えてしまったりという事を経験しました。安定稼働が必要な場合はまずテスト環境での実施をして不具合を検証しておく必要があるでしょう。

securityパッケージについて

ここでsources.listのエントリーについて気になった事があったので書いておきます。前回のアップグレードの記事にも書いたように、通常のdebとdeb-srcの違いはソースコードを必要とする際にはdeb-src側から取得されるということでした。

もうひとつ以前より気にになっていることがあります。そもそもsecurityパッケージの行はなんのためにあり、どんな違いがあるのでしょうか。少し古いページになりますがDebian公式faqにズバリの解説はなかったですが次のようなものがありました。

質問: 修正版のパッケージが security.debian.org に出るかどうかの判断基準はなんですか?

A: 安定版 (stable) ディストリビューションのパッケージに セキュリティの破れがあれば、そのパッケージは security.debian.org に登場することになります。他の理由で置かれることはありません。 ここで「セキュリティの破れ」の程度が大きな問題になります。 通常、セキュリティチームはパッケージのメンテナとともに新しい パッケージを準備します。ただし (信頼できる) 誰かが問題を追跡し、 必要なパッケージをすべてコンパイルして セキュリティチームに送ってくれたのであれば、 些細なセキュリティ修正であってもそれは security.debian.org に置かれることになります。以下を参照してください。

セキュリティアップデートの目的は、ただひとつだけです。 セキュリティ上の脆弱性に対する修正を提供することです。 それは、通常のポイントリリースの手順を迂回して、安定版 (stable) リリースにそれ以外の変更を加えるための手段では、ありません。

質問: パッケージのバージョン番号からすると、 私は今もなお危険なバージョンを使っているはずです!

A: 新しいリリースにアップグレードする代わりに、セキュリティ上の修正を安定版 (stable) に収録されたバージョンに適用 (バックポート) します。 これは、パッケージの変更をできるだけ小さく留め、 セキュリティ上の修正が予期しない変化や不具合を招くのを防ぐ目的があります。 パッケージの更新履歴 (changelog) を調べたり、正確なバージョン番号を Debian セキュリティ勧告 (Security Advisery) に示されたバージョン番号と比較すれば、 安全なバージョンを使っているかどうかを確認できます。

要するに、セキュリティアップデートでは、安定板にその時点で必要なセキュリティパッチをあてたものが入るというイメージでしょう。

ミラーの検索

いままで筆者は今までミラーは常に「ftp.jp.debian.org」を指定していました。最適なミラーを探してくれる「netselect-apt」というパッケージがあるそうです。

これをインストールして、実行すると自動的に最適なアーカイブの設定をしてくれます。ミラーをどこにしていいかわわからない時は最適です。

# netselect-apt
Using distribution stable.
Retrieving the list of mirrors from www.debian.org...

--2021-08-25 21:40:01--  https://www.debian.org/mirror/mirrors_full
www.debian.org (www.debian.org)|149.20.4.15|:443 に接続しています... 接続しまし た。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 130908 (128K) [text/html]
`/tmp/netselect-apt.H0lTsB' に保存中

/tmp/netselect-apt. 100%[===================>] 127.84K  64.2KB/s 時間 2.0s

2021-08-25 21:40:05 (64.2 KB/s) - `/tmp/netselect-apt.H0lTsB' へ保存完了 [130908/130908]

Choosing a main Debian mirror using netselect.
netselect: 301 (22 active) nameserver request(s)...
Duplicate address 195.234.45.114 (http://ftp.be.debian.org/debian/, http://mirror.as35701.net/debian/); keeping only under first name.
netselect: 270 (23 active) nameserver request(s)...
Duplicate address 200.236.31.3 (http://ftp.br.debian.org/debian/, http://debian.c3sl.ufpr.br/debian/); keeping only under first name.
netselect: 263 (23 active) nameserver request(s)...
...
The fastest 10 servers seem to be:
        http://mirror.i3d.net/debian/
        http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/debian/
        http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/debian/
        http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/debian/
        http://debian-mirror.sakura.ne.jp/debian/
        http://ftp.jaist.ac.jp/debian/
        http://hanzubon.jp/debian/
        http://mirrors.edge.kernel.org/debian/
        http://ftp.nara.wide.ad.jp/debian/
        http://ftp.riken.jp/Linux/debian/debian/

Of the hosts tested we choose the fastest valid for http:
        http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/debian/

実行した場所にsources.listが出力されます。そのまま使うか、先の結果等を参考に自分で/etc/aptにあるsources.listの記述を変更します。

また自分でhostの近さを調べたい場合は、「netselect-apt」に同梱の「netselect」を用います。

-vvオプションをつけて調べたいホストを入力します。-vとすると最適な結果の1行のみを返してくれます。

#netselect -vv http://mirror.i3d.net/debian/ http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/debian/
ta-u.ac.jp/debian/
Running netselect to choose 1 out of 5 addresses.
...................
http://mirror.i3d.net/debian/           64 ms   9 hops   50% ok ( 5/10) [  245]
http://133.24.248.16/debian/            72 ms  12 hops   22% ok ( 2/ 9) [  717]
http://133.24.248.19/debian/            73 ms  11 hops   40% ok ( 4/10) [  384]
http://133.24.248.17/debian/            73 ms  11 hops   40% ok ( 4/10) [  382]
http://133.24.248.18/debian/            71 ms  11 hops   40% ok ( 4/10) [  371]
  245 http://mirror.i3d.net/debian/

スコア245でhttp://mirror.i3d.net/debian/が最適だという結果が出ました。

apt-file

アップグレードにエラーはつきものなのですが、いくつか出たエラーを解決方法を紹介しておきます。

「Possible missing firmware」のメッセージが出るときはたいていファームウェアがインストールされていないのですが、必要とするパッケージがどんな名前で配布されているのかわかりづらいと思います。

そんな時便利なのが、apt-fileです。これはパッケージに含まれるファイルを検索するものです。

# apt-file update
...
# apt-file search skl_dmc_ver1_27.bin
firmware-misc-nonfree: /lib/firmware/i915/skl_dmc_ver1_27.bin

apt-file updateで内部のデータベースを更新します。

apt-file search filenameとすると、そのファイルを利用するパッケージ名が表示されます。パッケージ名は使用しているマシンにインストールされていなくても表示されますので、その名前を使ってaptでインストールすることができます。

このあとリブートすればメッセージが出なくなると思います。

TSC_DEADLINE disabled due to Errata; please update microcode to version: 0xb2 (or later)

のエラーに関してはstackoverflowにあるように「intel-microcode」をaptでインストールすることで解決しました。

[Firmware Bug]: No firmware reserved region can cover this RMRR [0x00000000b0800000-0x00000000b2ffffff], contact BIOS vendor for fixes

こちらはKVM(仮想化)関連のエラーだと思いますが、BIOSがRMRRの仕様変更に対応していないところから起きるそうです。筆者の場合BIOSをアップデートすることで改善されました。

DebianでのBIOSのメーカーやバージョンの確認の仕方ですが、dmidecodeコマンドを使います。

実行すると表示されるエントリーの中に「BIOS Information」というものがBIOS、「Base Board Information」というのがマザーボードの情報です。マザーボードによりBIOSがカスタマイズされているので、通常はマザーボードのメーカーのページよりアップデートファイルを検索します。筆者のASUSのボードだと利用しているCPUによっても更新用のファイルが違うようでした。

# dmidecode -t baseboard
...
Base Board Information
        Manufacturer: ASUSTeK COMPUTER INC.
        Product Name: H170-PRO
        Version: Rev X.0x
        Serial Number: 
        Asset Tag: Default string
        Features:
                Board is a hosting board
                Board is replaceable
        Location In Chassis: Default string
        Chassis Handle: 0x0003
        Type: Motherboard
        Contained Object Handles: 0

筆者紹介


自分の写真
がーふぁ、とか、ふぃんてっく、とか世の中すっかりハイテクになってしまいました。プログラムのコーディングに触れることもある筆者ですが、自分の作業は硯と筆で文字をかいているみたいな古臭いものだと思っています。 今やこんな風にブログを書くことすらAIにとって代わられそうなほど技術は進んでいます。 生活やビジネスでPCを活用しようとするとき、そんな第一線の技術と比べてしまうとやる気が失せてしまいがちですが、おいしいお惣菜をネットで注文できる時代でも、手作りの味はすたれていません。 提示されたもの(アプリ)に自分を合わせるのでなく、自分の活動にあったアプリを作る。それがPC活用の基本なんじゃなかと思います。 そんな意見に同調していただける方向けにLinuxのDebianOSをはじめとした基本無料のアプリの使い方を紹介できたらなと考えています。

広告